クリニックの仮性包茎治療に必要な費用

仮性包茎治療の費用は全額自己負担

仮性包茎治療をする際の費用は、保険がきかないので全額自己負担ということになります。
真性包茎などでは保険が使える場合もありますが、仮性包茎治療は病気を治すというよりは美容整形みたいなものという扱いになるので保険はききません。
そのため仮性包茎治療の費用は全額自腹となります。
実際にどれくらいの費用がかかるのかといえば、だいたい15~20万円くらいが一般的な相場だとされています。
しかし自由診療ですから、クリニックによって料金はまちまちで、5万円前後の料金で仮性包茎治療を受けることも不可能ではありません。
仮性包茎治療は1日で終わる簡単な手術で、入院費用などは発生しませんし、カウンセリングは無料で受けられる場合がほとんどです。
手術後の抜糸などのアフターケアなども無料でやってくれるところが多いです。
痛み止めの薬代などもちょっとかかりますが、たいした金額ではありません。
それらを全部ひっくるめて15~20万円前後が一般的な費用だと思って間違いないです。

仮性包茎治療の費用は安ければいいというものではない

仮性包茎治療の費用の一般的な相場は、15~20万円前後くらいですが、もっと安い費用で治療を行っているクリニックもあります。
中には10万円を切る料金でやっているところも存在しています。
仮性包茎治療をする場合、どうしても料金に目がいってしまいがちですが、料金の安さだけでクリニックを選ぶのは危険と言わざるをえません。
費用が安いのには、安いなりの理由があります。
例えば、簡易な手術法を採用しているため、手術痕が目立つような仕上がりになってしまうことが少なくありません。
仮性包茎治療を受けるのは、包茎であることにコンプレックスがあるからというケースが大半でしょう。
コンプレックスを解消するために手術を受けたのに、目立つ手術痕が残ってしまっては意味がありません。
仮性包茎治療を受ける場合は、金額だけで選ぶのではなく、どのような手術法で受けられるのか、信頼できる実績があるクリニックなのか、という点に注意するべきです。

まとめ

仮性包茎治療の一般的な相場は、だいたい15~20万円前後くらいです。
これよりも安い料金で手術を行っているクリニックもありますが、あまり安いところは手術の品質が心配なので、避けた方が無難かもしれません。
クリニックを選ぶ際は、しっかりとした実績があるところを選ぶようにしましょう。
一般的な相場より高すぎるようなクリニックも、ぼったくりである可能性が高いので注意すべきです。
とくにオプション手術を強引に勧めてくるようなところは警戒すべきでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。