自分でもできる仮性包茎の治療

自分で出来る仮性包茎の治療方法について

子供の頃は亀頭部分を守るように皮が覆っており、成長に伴い体が大きくなるにつれて男性器は大きくなります。
思春期には性の目覚めと共に自慰行為を覚えて、刺激を与えて陰茎部を屹立させて刺激を与えて射精することを覚えます。
これは男性の性の通過点であり、将来女性との性交渉を経て子孫を残すために必要な準備と考えて差し支えありません。

こうした性の芽生えの過程で、包茎から剥くことを覚えてゆき、やがて亀頭部の根元の皮膚が剥がれて大人になる階段を一段ずつ登ってゆくのです。
これも自分で出来る包茎治療の一環になり、包皮に癖を付けてゆくことで徐々に露出させてゆき、亀頭部が刺激に慣れてゆくことも自己治療の1つになります。

成長期には陰茎部に合わせて皮部分も成長しますので、癖を付けてバランスが良い具合に亀頭部を露出させることに慣れてゆくことが言わば治療に該当するのです。
治療の結果常時亀頭部が剥けることもありますし、指で剥いた時や勃起時にだけ剥ける仮性包茎状態になることもあります。

仮性包茎外の包茎の種類について

仮性包茎は陰茎の海綿体に血流が流れ込み、勃起することで充血して陰茎が増大して、その作用によって外側の皮が剥けることを仮性包茎と言います。
通常時は包皮で亀頭が覆われていたり、亀頭が露出していても包皮が被りやすい状態が仮性包茎なのです。

その他の包茎としては真性包茎がありますが、仮性状態とは違い通常時も勃起時も亀頭が露出せずに、常に皮が被っている状態のことになります。
性交時に射精障害が起きたり、EDになるなどのデメリットがあるのが特徴です。
その他にも引っ張られて性交痛があったり、包皮と亀頭部の間に汚れが溜まりやすいなどの不都合があります。
衛生的でないだけではなく、場合によっては亀頭部との癒着なども発生するので治療が必要になるケースもあるのです。

その他にはカントン包茎があり、先端部が狭くて亀頭が露出し難くなっていたり、皮の長さが不足していて亀頭部が露出するものの外側の皮が陰茎部を締め付けてしまい、先端部を鬱血させてしまう危険がある場合もあるのです。

まとめ

仮性包茎は成人男性に多い状態の症状であり、軽度の場合にはそれほど気にすることはありません。
成長期に癖を付けながら剥いてゆくことで、亀頭部の露出がさせやすくなるために自分で出来る治療と考えてもいいのです。

男性は10代になると異性を意識したり性の目覚めを迎え、自慰行為をすることが一般的です。
自分自身のせいに向き合う時期であり、男性器を自慰行為や癖付けなどで剥く季節でもあります。
成人してからよりも、10代のこの時期に亀頭を露出させるトレーニングをすることが重要だと言われているのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。